爆乳ひなた
恥ずかしがり屋の101-I

女優
白河ひなた(21)
監督
高槻彰
サイズ
T151 B101(I) W60 H88
発売日
2010/1/29
品番

GAS-150

時間
120分
価格
5143円(税込)



↑画面クリックで拡大します。

白河ひなた、専門学校に通う21歳の博多っ子。この顔この腰でこの爆乳、101cm-Iカップ!とても恥ずかしがり屋で、すぐにおっぱいを隠そうとする。やわらかくて大きな胸が恥ずかしいみたいです。セックスシーンでも感じてくると、「気持ち良すぎっ・・」と自ら口を押さえてしまう照れ屋さんです。でもオナニーシーンで初めて使った電マは「お気に入りになりました♡」だって。

1、インタビュー〜ハメ撮り
インタビュー。「AVは不安だけど楽しみでもある」という。脱がすと、
Iカップ以上ありそうな柔らかく大きな乳房を恥ずかしそうに隠す特に乳首を見られるのが恥ずかしいという。(大きめな乳輪に普通の小さめな乳首なんですけど)柔らかいおっぱいを揉むと乳首がカチカチに堅くなる下着を脱がすと、なんとパイパン。毛のない方が好きなんだって。恥ずかしがって緊張している様子。クンニでようやく声が出てくる。「気持ちいい」ローターでオナニーさせるが、「気持ち良すぎる」とやめてしまう。男が寝ると、積極的に責めるひなた。パイズリも上手だ。セックスはひときわ声が大きくなる。胸の揺れを中心に撮っています。

2、オナニー
エロマンガがオナニーネタのひなた。初めて使うオモチャの勉強。すでに濡れているパンティにローターを当てる。自分で乳首を舐めるセルフパイ舐め。初めての電マに「気持ち良すぎ・・・もう無理」とぐったり。「電マ、お気に入りになりました♡」だって。

3、雰囲気のいいパイズリ
男の乳首を舐める積極的なひなた。パンツの上からおっぱいで刺激する。フェラ?立ちパイズリ?縦パイズリ?膝上パイズリ。柔らかいおっぱいが気持ちいい。男のコーフンが伝わる。挟射?お掃除フェラ。
自然なシーンにしたかったので、過剰な演出を排し、二人の世界にある程度任せました。雰囲気の良いパイズリになったと思います。

4、フェチSEX
肉体を綺麗にエロく見せる絡み。ひなたの肉体を舐めまくる。柔らかいおっぱいは揉みごたえ舐め甲斐がある。フェラ?パイズリ。チンポを挿入すると声が一際大きくなる。声を出すのが恥ずかしくて口を押さえてしまう。
恥ずかしさがなくなるともっと良くなるのでしょう。正常位・騎乗位・バック。大きくて柔らかい胸が揺れたり揉まれたりで、いろんな形に変形する。最後は正常位で挟射?お掃除フェラ。気持ちよく綺麗にしてくれます。